2018/02/17

ドリル式穴掘り器

快晴で寒さも緩み、まるで春の気候でした。

欲しいと思っていたドリル式の穴掘りをホームセンターで見つけ、
新しくそろえることにしました。

これまでは小さな穴は、根切り棒で掘っていましたが、
ドリル式の方が簡単で作業能力もずいぶんアップすることができます。


バラのフェンスの支柱や野菜類の支柱などを立てるときにいつも竹を使っているので、
直径7.5cmで支柱用の竹の大きさにもちょうど合いそうです。

細い根を切ることはできますが、少し太くなると難しいので、
根切り棒で根を切るしかありません。
また、石に当たるとまったく機能しないので、
これまでのように根切り棒で石をどかしながら掘るしかありません。

しかし、この2つがあれば少々の困難も乗り越えることができそうです。
ちなみに、それぞれの棒にはテープで目印をつけて深さの目安にしています。

穴掘り20180216

まもなく雨水を迎えるというのに、北日本では暴風雪のニュースが流れています。
ぜひ安全にお過ごしくださいね。

早くこんな季節になって欲しいです。

西庭西・ミケランジェロトリミング20170521

ではまたお会いしましょう。
明日も皆様にとって良い1日でありますように・・・・・・・・・。
2018/02/16

再び竹の切り出し

オリンピックの各競技に引き付けられ、なかなかブログを書く余裕がありません。
昨晩も女子カーリングの韓国戦に見入ってしまいました。
リードされながらも我慢の甲斐あって、素晴らしい逆転勝利だったですね。
今日もフィギアスケートに見入ってしまいました。
これまた各選手ともに素晴らしい演技で感動しました。

外に出たら曇っていたので、竹をとりに藪に入ったら雨が降り出しました。
そのまま持ち帰り、ガレージで枝はずしの作業を行いました。
藪の中で処理できればよかったのですが・・・・・・・。

竹20180216 (2)

こちらは10mを超えるので、ガレージでの作業はあきらめて、
後日の作業にしたいと思います。

竹20180216 (3)

5月の庭の様子です。

西庭東トリミング20170521

ではまたお会いしましょう。
明日も皆様にとって良い1日でありますように・・・・・・・・・。
2018/02/14

スズメバチの巣の撤去

最高気温も15℃近くまで上がり、春のような暖かい1日でした。

寒い日が続いたのでもう大丈夫だろうということで、
秋口から見つけていたスズメバチの巣の撤去作業をしました。

はじめに少しはなれたところから長い竹の棒でつついてみましたが、
巣の中からスズメバチが出てくるような気配はありません。

近づいて、今度は少し強く揺らしてみましたが、
それでも蜂が出てくる様子はありません。

そこで意を決して、蜂の巣にからんだ枝や蔦を切りとり、
スズメバチの巣の撤去を終えることができました。

巣を崩してみると、死んでしまったスズメバチは数匹いたのですが、
女王蜂の姿が見当たりません。

調べてみると、女王蜂は寒くなる前に巣を離れ、
朽木などに越冬室を掘ってその中で冬眠に入り、
翌年に、巣を作るということでした。

女王バチもどこかでじっと暖かくなる日を待っているのでしょうね。

5月の庭のユジューヌイーマルリの様子です。

20170515北庭・北アーチ・ユジューヌイーマルリ

ではまたお会いしましょう。
明日も皆様にとって良い1日でありますように・・・・・・・・・。

2018/02/12

廊下で春を待つ草花

外を見たら雪が積もっていました。
この冬一番の積雪で、20㎝ぐらい積もっています。
庭先のテーブルも満杯の雪でした。

雪20180207

朝のうちにお日様が姿を見せたかと思ったら、
その後は、雪が降り続く寒い1日でした。

寒さを逃れて、廊下で越冬しているのは、
アジアンタム。
最近は葉っぱが大きい種類が出回っていて、
この種のように葉が小さなアジアンタムはほとんど見なくなりました。
我が家で何十年も前から元気に好き続けています。

CIMG9307.jpg

こちらは名前がわかりません。
鹿児島のお土産にいただいたもので、アロエのような花が咲きます。

廊下の植物20180207

シンビジュームのつぼみが開きかけていました。
もうちょっとです。

シンビジューム20180207

明日も寒そうな予感がします。
これ以上の雪はいりません。

ではまたお会いしましょう。
明日も皆様にとって良い1日でありますように・・・・・・・・・。
2018/02/11

竹の切り出し

またまた寒気が近づいてきているようです。
今日も雪がちらつく1日でした。

毎年、寒い時期に行うことがあります。
1年分の竹の切り出しです。
この時期の竹は寒さに耐え、引き締まっており長持ちするのです。

バラや草花の支柱用に切り出す竹は雌竹です。

ツルバラなどを誘引するフェンスの支柱使っているのは、雄竹です。

今年は誘引するフェンスの竹を取り換えるので、雄竹も必要です。
10mを超えるのでできるだけ道端の寄りつきが良い場所の竹を切り出しました。

雪の中の作業となりましたが、竹やぶの中は強い風もさえぎられるので、
意外と寒さは感じません。

寒い時期にうってつけの仕事です。

5月の写真ですが、写っている竹を新しいものに取り換えます。
20170502モミジ下 (9)

竹の支柱のフェンスが4か所ほどあるので、
もう少し雌竹を切り出したらフェンス支柱の取り換えにかかります。

ではまたお会いしましょう。
明日も皆様にとって良い1日でありますように・・・・・・・・・。