2017/09/14

突然に葉が萎れ・・・・ (アイスバーグ、アフロディーテ、アルテシモ、クイーンエリザベス、キャラメルアンティーク)


秋とはいえ30℃と暑く、日差しも強い1日でした。

大切にしていた沈丁花の葉が萎れているのを発見しました。
モグラの影響か思い、根元を調べてみてもその形跡は見当たりません。
幹の周りにも特に異常はありません。
根元を調べていると、幹との付け根の部分から根が腐っています。
何が影響したのかは分かりません。

沈丁花の根はとても柔らかいので、
根の付け根を虫にかじられ、
そこから感染症にかかって腐ったのではないかと勝手に推理しています。

沈丁花はある日突然に枯れることがあるという話を聞いたことがありますが、
大切にしていた白色の沈丁花だっただけに残念です。

早めにスペアを用意しておくべきでしたが、
後悔 先に立たずです。

さっそく短めに剪定して、切り取った枝をたくさん挿し木にしました。
1本でも根付いてくれたらありがたいのですが・・・・・。

弱った沈丁花のそばで久しぶりにアイスバーグが咲いていました。

アイスバーグ

まだ2~3年目の小さなアフロディーテも、
秋の訪れとともに一輪の花を咲かせています。

アフロディーテ


アルテシモ越しに庭の様子をと思って撮ったのですが、
あまり写っていませんでした。

アルテシモ


クーンエリザベスは時々咲いていましたが、
まだ夏の疲労が残っているようです。

クイーンエリザベス

元気を取り戻しつつあるキャラメルアンティークです。
この後バッサリと深めに剪定しました。

キャラメルアンティーク

収穫したゴーヤの中に、熟れすぎたものがあったので種取りをしました。

中の種は赤いゼリー状のものに覆われているので、
ザルにとって流水で洗うと、
亀のような六角形の種を簡単に取り出すことができます。

毎年、こぼれ種で芽吹いたものを使っているので、
この種は保険として保管したいと思います。

ではまたお会いしましょう。
明日も皆様にとって良い1日でありますように・・・・・・・・・。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント