2017/09/11

1年経ってもおいしい栗 (ハギ、ギボウシ、フレンチマリーゴールド、栗)

前回のブログタイトルが「ファッションと伝統」となっていましたが、
「種まきのシーズン」の誤りでした。

タイトルと記事が全然違っていたので、不思議に思われた方もいらっしゃったと思います。
この辺に天然さが現れるんですね。
申し訳ありません。

タイトルを決めてから記事を書いていたのですが、
あまり長くなりすぎたので、
記事を書きかえたのに、タイトルを書き替えていなっかったのが原因でした。


さて、白萩が咲き始めいよいよ秋色になってきました。

ハギ

遅ればせながら、ギボウシの花も・・・・・・・・・。

ギボウシ

入口の花壇にも、定番のフレンチマリーゴールドが・・・。

フレンチマリーゴールド

そして、栗の実も・・・・・・・・。
昨年は、9月6日から収穫できたのですが、
今年は少し遅れていて、来週以降になりそうです。

クリ20170909 (2)

先日、冷凍庫の奥で、昨年の栗の甘露煮を発見したので、
さっそく解凍してみました。
1年経っても変わらぬ美味しさでした。

さらに、ニンニクだと思って見過ごしていたのですが、
袋を開けてみると、皮をむいて冷凍していた栗でした。

さっそく栗ご飯を作ってもらい、おいしくいただきました。

意外な発見で、一足先に秋を食した気持ちになりました。

ではまたお会いしましょう。
明日も皆様にとって良い1日でありますように・・・・・・・・・。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント