2017/09/10

種まきのシーズン (レッドレオナルドダビンチ、ピース、ロココ、グラハムトーマス)

知らないうちにしっかりとタオルケット掛けた状態で目覚めることが多くなってきました。
日中は暑いものの、朝夕はずいぶん秋を実感しています。

草花の種まきをしようと思って、自家採種した種の確認をしてみました。
ネモフィラ、ノースポール、ニゲラ、ジャーマンカモミール、キンセンカ、ジキタリス、カスミソウ、チドリソウ、カンパニュラ、キンギョソウ、ヤグルマソウ、ベニバナ、オルレア、アグロステンマ、ディル、イタリアンパセリ・・・・・・。

このほかにももう少しありそうです。

毎年のことですが、最後はあたりかまわず庭のあちこちにばらまいています。
時には、ばらまいた種の方が成績が良い時もあるので、皮肉なものです。

今日はとりあえず苗箱を洗って、土を用意するところまで終了で~す。

ショートクライマーとして期待しているレッドレオナルドダビンチです。
2株あるのですが、どちらも長いシュートが出ないので頭を抱えています。
場所を変えて木立のように扱った方がいいのかもしれないなあと思い始めています。

レッドレオナルドダビンチ

ピースが咲きました。
つる性のものと木立性の両方があります。
やはり、木立性の方が花付きがいいようです。

ピース

フェンスに這わせているロココです。
半日陰なので花付きがよくないのですが、
もう少しツルを伸ばしてくれると、日当たりがよくなるのになあ。
がんばれ~。

ロココ

先日も紹介したグラハムトーマスです。
3年目を迎え、株もずいぶんしっかりしてきました。

グラハムトーマス

秋の夜長とはいえ、最近は就寝時刻が遅くなることが続いています。
早寝早起き朝ごはんに近付きたいと思います。

ではまたお会いしましょう。
明日も皆様にとって良い1日でありますように・・・・・・・・・。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント