2017/09/04

夏の庭に咲く花たち (ガウラ、サルスベリ、セージ、タマスダレ)

そろそろ冬野菜の種を植えたいと思っています。
9月10日前に種を蒔くと、
発芽後に虫に食べられてしまい、
どうしても消毒しなければなりません。

また、彼岸過ぎに蒔くと年内の収穫ができず、
お正月に間に合いません。

今年は暑いので、
同じ時期に蒔いても虫に食べられる可能性もありそうです。

草花は直播できないものが多いので、野菜はできるだけ直播したいのですが・・・・・・・。

こんなことを考えながら写真を撮りました。

サルスベリの花がまだまだ頑張っています。
毎年、咲き始めが遅いので、ご近所さんより遅くまで咲いています。

CIMG8038.jpg

何番花になるのでしょうか。
切り詰めればそのたびに新しく花穂を伸ばし、
たくさんの花を咲かせてくれるガウラです。
白鳥草とも呼ばれるので、本来は白色だったのでしょうか?

CIMG8028.jpg


こちらは水色のセージ(サルビア)です。

CIMG8045.jpg

同じような水色のセージなのですが、写真では違いがちょっと分かりにくいですね。
それぞれに名前が書いてあったので記録しておけばよかったのですが・・・・。
こんなに根付いて大きくなるとは思わなかったので・・・・・・・。
・・・・・・・今ではよくわからなくなってしまいました。

セージ

これは、あちこちに勢力を広げているので、
名前もしっかり覚えていますよ。
メドウセージです。
根元を掘ると、白い芋のような根っこ(球根)がたくさん入っています。

CIMG8032.jpg

そして、9月になると咲き始めるタマスダレです。
放っておいても、同じ場所で何年も、
何十年も同じように咲いてくれるという、ありがたい花です。

白色のほかにピンク、黄色、オレンジなどもあるそうですが、
まだ、お会いしたことはありません。

いつも道や塀の端っこ、花壇の端っこで出会うことが多いのですが、
もっとちゃんとした場所で、堂々と咲かせてあげたい花の一つです。

タマスダレ

ブログを書きながらも、いろいろな疑問やアイディアと出会うのですが、
特に突き詰めて解決したり、形にしたりしようという気力もあまりないのです。

結果、毎日が「下手な考え休むに似たり」状態なんでしょうね。

ではまたお会いしましょう。
明日も皆様にとって良い1日でありますように・・・・・・・・・。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント