2017/08/05

夏バラ紹介4(カトリーヌドヌーブ、ジンジャーシラバブ、ジアレンウイックローズ、アルテシモ)

北西太平洋(赤道より北で東経180度より西の領域)または南シナ海に存在し、
最大風速が17.2メートル以上の熱帯低気圧を台風と呼ぶそうです。
台風と呼ばれるまでは野分(のわけ)とか暴風とか呼ばれていたとのこと。
英語のタイフーンに漢字をあてるときに
台湾方面からくる嵐だから台の字を当てたという説があるそうです。

このところ雨が降らず、カンカン照りが続き、畑の野菜や庭の草花も枯れてしまいそうな状態です。
台風はいらないけど、雨は欲しいところです。

そんな中でも、比較的本来の姿を保ちながら咲き続ける
カトリーヌドヌーブです。
カトリーニドヌーブ

ジンジャーシラバブです。
本来のアプリコット色は出ていません。
比較的柔らかな枝を持つツルバラですが、シュラブのようにオベリスクで仕立てています。
ジンジャーシラバブ

ジアレンウイックローズです。
半日陰ながらよく花をつけています。
本来の大きさよりやや小さめではあります。
ジアレンウイックローズ

アルテシモです。
真っ赤なビロードのような一重の花びらが
暑い夏でも魅力的です。
アルテシモ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント