2017/08/03

夏バラ紹介2(シャコック、ニュードーン、ノスタルジー、キャラメルアンティーク、センチメンタル)

暑い夏の日差しの中で、パラパラと花を咲けせるバラがあります。
遠目にはそれなりにきれいなのですが、
近づいてみるとやはりその影響は大きいようです。

はじめに、シャコックです。
オレンジと黄色の複色なのですが、しっかり日焼けしているようです。
春の華麗さは見受けられません。
シャコック20170731

花後に深めに刈り込んでいたニュードーンもぽつぽつと花をつけていますが、
近づいてみると、かなり夏のダメージを受けているようです。
ニュードーン

キャラメルアンティークはカナブンの被害の跡が・・・・・。
キャラメルアンティーク

ノスタルジーも日焼けして、白い部分も真っ赤か~ですね。
ノスタルジー

センチメンタルも同様に、白い部分も赤くなっています。
センチメンタル

夏の高温とともに、日差しの強さによるダメージが・・・・・。
メカニズムについては不勉強でよくわかりませんが、
人間も花も紫外線の強い夏の日差しには弱いようです。
それでも、花を咲かせ続けるバラたちの生命力の強さに感心するばかりです。

※ 昨日の記事に誤りがありました。
   レモンバーベナと紹介していましたが、正しくはレモンマリーゴールドでした。
   
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント