2017/07/17

庭に咲く花(アンゲロニア、ハナヤナギ、ムラサキシキブ、オレガノ、ベルガモット)

夜になるとサクランボの木にたくさんのカナブンが葉を食べているようです。

カナブンとコガネムシとドウガネブイブイ、ハナムグリはそれぞれ違うそうです。
葉を食べているのはどうやらドウガネブイブイらしいのです。
漢字で書くと「銅鉦蚉蚉」と書くそうです。
うまく説明できないのですが、乱暴な言い方をすれば、
平らで茶色いのがカナブン、
銅色の光沢があるのがドウガネブイブイ、
緑っぽい輝きのあるのがコガネムシ、
そして、花粉にまみれてごそごそしているのがハナムグリだそうです。

いずれにしても、庭の害虫であることは間違いないようです。

さて、花壇のアンゲロニアも暑い中花を咲かせています。
アンゲロニア20170710

ハナヤナギもやっと花をつけ始めました。
寒さに弱く、冬は地上部がすべて枯れてしまい、ずいぶん暖かくなってから芽を出し始めます。
そのため、7月中旬に開花するようです。
ハナヤナギ

ムラサキシキブの花が咲いていました。
秋のお彼岸ごろには紫の実をたくさんつけます。
ムラサキシキブ

オレガノの花です。
小さくて目立ちませんが、大切なハーブです。
オレガノ

ベルガモットです。
しばらく元気がなかったのですが、このところまた元気を出し始めました。
ベルガモット

現在の庭の様子です。
ほんとに、パラパラと花をつけています。
できるだけ早めに切って涼しいところで生け花として楽しんでいます。
北庭北アート臨む

明日は午前中雨が降りそうです。
少し乾燥気味なので、庭の水やりが必要かなと思っていたので、
ありがたい雨になりそうです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント