2017/07/01

タ行から始まるバラ2(ディスタントドラムス、トゥルーラブ、ドフトボルケ、トロピカルシャーベット)

庭仕事を終え、お風呂で気づいたのですが、
肘から先が真っ赤に日焼けしています。
お湯がかかるとヒリヒリとします。
今日は、今年一番の日差しだったようです。

地面も湿気を含んでいたため、蒸し暑さはあったのですが、
真夏のような日差しの強さではなかったので・・・・。
これから、いよいよ強い日差しの季節がやってきそうです。

さて、今日もタ行から始まるバラの紹介です。
タ行のバラは意外と少なく全部で8品種しかありませんでした。
はじめは、ディスタントドラムスです。
とても元気がよく、病気にも強い銘花です。
すきっとした姿がお気に入りです。
ディスタントドラムス

樹形もご覧のとおりです。
半横張との表示もありますが、どちらかというと直立に近い感じがしています。
ディスタントドラムス

トゥルーラブです。
半剣弁咲きできれいな白色です。
トゥルーラブ

花が咲き進むとこんな感じになります。
トゥルーラブ

ドフトボルケです。
この品種は姿や色も素敵なのですが、やはり香りです。
フルーツのいい香りがします。
うどんこ病には強いといわれていますが、
あまりうどんこ病の被害にあったことがないのでわかりません。
ドフトボルケ

タ行最後のバラは、トロピカルシャーベットです。
色がいろいろと変化するところがトロピカルなイメージなのでしょうか?
トロピカルシャーベット

同じ時期の咲き始めの状態なのですが、
こんな感じの花もあります。
トロピカルシャーベット

昨年の10月末の写真ですが、
これでは黄色バラです。
トロピカルシャーベット

タ行のバラでもう一つツルのデトロイターがあったのですが、
枯れてしまいました。
また出会えたらいいなと思っています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント