2017/06/28

サ行から始まるバラ3(ジュピレデュプリンセスドゥモナコ、ジンジャーシラバブ、新雪、ストロベリーアイス、センチメンタル)

梅雨のバラの庭は、小さなカナブンがたくさん。
きれいに咲いたバラの花粉にまみれていたり、
蕾に頭を突っ込んでいたり。
そのほかにも小さな甲虫もたくさんいます。

捕獲しようとすると、危険を察知したカナブンは、
手足を縮めて、ころりと下に落ちます。
下に落ちたところを・・・・。と思いきや、
着地寸前で羽を開いてどこかへ飛び去るのです。
落下したカナブンも、捕まえるより早く、飛び立ちます。

誰に習ったのでしょうね。
遺伝子に組み込まれた行動なのでしょうか。
自然の摂理と言え、感心してしまいます。

さて、サ行で始まるバラの3回目になります。
今回が作業の最後です。
はじめは、ジュピレデュプリンセスドゥモナコです。
チェリーパフェの別名もあるようです。
もちろん、プリンセスドゥモナコのグレース王妃の夫、レニエ3世にささげられたバラです。
ジュピレデュプリンセスドゥモナコ20170616

ジンジャーシラバブです。
クライミングローズで3mほど伸びるとなっていますが、
花が下向きに咲くので、
やや高めに、木立バラのように剪定して育てています。
ジンジャーシラバブ①20150526

新雪です。
ラージフラワードクライマーで幹も太く、
広いスペースが必要です。
半日陰でも花をつけてくれるのが、ありがたいところです。
シンセツ20170515

白にピンクの覆輪で、評判のいいストロベリーアイスです。
花の姿を思い出させる、ネーミングだと思います。
秋にもたくさんの花をつけてくれます。
樹勢も強く、病気にも強いようです。
おすすめの一つです。
ストロベリーアイス20170520 (2)

サ行の最後は、センチメンタルです。
我が家で初めての絞りのバラです。
他のバラは黒星病などで葉を落としているなか、
修景バラとまではいきませんが、元気に茂っています。
樹勢も強く、なかなかの優れものです。
センチメンタル 20170518(2)

サ行から始まるバラで、このほかにスカーレットオベーションとジュリアがありました。
いい写真がなかったので、またの機会に紹介したいと思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント