2017/06/17

初めて見る花(クリ、ナツメ、レモンバーベナ)


今日も暑いなか、ラッキョ、ほうれん草、スナップエンドウを収穫しました。
そのあと、キューリとゴーヤの棚づくりです。
竹切りに行ったついでに、タケノコも収穫することができました。

竹が足りなかったので、
残ったキューリは、
昨年刈り取って放置していたパンパスグラスの葉を敷き詰め、
地ばいで栽培することにしました。
例年なら、すでに収穫している時期なのですが、
今年は、ずいぶん遅くなってしまいました。

山の棚田にも水が入り始めました。
今年は雨が少ないので、地区によっては水争いが起きないように、
この時期、当番で水の管理をされているそうです。
今も昔も水利は死活問題なのです。
棚田風景20170616 (2)

ところで、今日は発見が3つありました。
栗の花の独特のにおいが残るなか、ふと見ると小さなイガイガを発見しました。
しかも、イガイガのてっぺんに雌しべらしきものがあるではありませんか。
クリ20170616

もしかして、ほかにも花が咲いているのではと思って、
ナツメを見てみると・・・・・ありました。
これも人生初の出会いでした。
ナツメ20170616 (2)

3つ目はレモンバーベナの花です。
枝の先に穂を伸ばして小さな花が咲き始めています。
家族に自慢げに話すと、昨年も咲いてたよとのこと。
しかし、私にとっては初めての出会いでした。
レモンバーベナ20170616

最後に、ハーブの庭のエキナセアです。
花もちがいいのがありがたいところです。
エキナセア20170616

今日は遅くなってしまいました。
ではまた明日お会いしましょう。
明日も皆様にとって良い一日でありますように・・・・・・・。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント