2016/11/30

試行錯誤のバラづくり

ブログをはじめて、ところが変われば育て方もずいぶん違うんだなあということをよく思います。
我が家のバラの庭も、赤くてとても固い粘土質の地層で、表土が薄くあまり条件が良いところではありません。
水はけが悪いわりに水持ちも良くないので、かなり多めの堆肥を施します。
また、バラ苗を植えるときは、盛り土をしてほぼ地面の高さに植え付けています。
失敗ばかりですが、教科書通りにはいかないところが面白いところでもあります。
現在も土づくりが主な作業の一つになっています。
バラにとって恵まれた環境もあれば、あまり恵まれない環境もあり、みなさんがご苦労されているということがよくわかります。
がんばることで少しぐらいは改善できることもあるのではないかなあと思っています。
さて、一昨日の写真になりますが、オーギュスティーヌアレムです。
外弁が濃いピンク色をしていますが、内弁はローズピンクなので、蕾の時と咲いた時のイメージがずいぶん違います。
オーギュスティーヌアレヌ

サハラ’98です。アーチにしていますがよく花をつけてくれます。
サハラ’98

ストロベリーアイスです。ピンクと白の色合いがいいですね。
ストロベリーアイス

何度も登場しているチャイコフスキーです。
チャイコフスキー (3)

ジャックカルチェです。今回の花は大きく花径10cmぐらいあります。香りは最高ですよ。
ジャックカルチェ (2)

最後は、シーザーです。今回はまたちょっと微妙な色合いです。
シーザー(2)

では、また明日お会いしましょう。


スポンサーサイト
2016/11/29

ノースボール植えました

昨日のキクラゲは、やっぱりアラゲキクラゲだったようです。
広葉樹の枯れ枝などにつくそうです。
今度見つけたら、乾燥していつでも食べれるように保存しておこうと思います。
今日は、相棒のリクエストに応じて園芸店やホームセンターを見て回りました。
ヒストリーを購入しましたが、植え付けて根が張る前に寒くなるので、鉢植えして春に定植しようかなと思っています。
午後から苗の植え付けの続きです。なかなか進みません。
いつも野菜と同じやり方で、石灰、肥料、たい肥をまいて耕し、苗を植付けています。
庭のあちこちで芽吹き、苗状態になっているので、写真のように泥団子苗にして、予定している場所に植え付けています。ポットがない時代は、苗ものはみんなこのようにして新聞紙で包んで売られていました。ノースボールです。
団子苗

チドリソウ、ニゲラ、ポピーなども同じようにして作業しています。
ノースボール定植

昨日撮った写真を紹介します。何を思ったのかカクテルが小さく咲いていました。
カクテル

レッドレオナルドダビンチです。
レッドレオナルドダビンチ

マチルダです。最近だんだん白っぽくなってきているようです。
マチルダ(3)

元気はつらつのピンクは、マヌウメイアンです。
マヌウメイアン(3)

意外と地味な感じがしていますが、マリリンモンローです。本来の色とは少し違う感じがしています。
マリリンモンロー

昨日の庭の様子です。
北庭北

ではまた明日お会いしましょう。
明日も、良い一日でありますように・・・・・・・・。
2016/11/28

大発見の一日でした

今日は大発見がありました。
葉を落としてしまった我が家の柿の木にキクラゲを発見したのです。
以前にも見たことはあったのですが、今日は収穫してみようということになりました。
キクラゲ
確かにキクラゲのようではあるけど、これまで自然のものを採ったことがなかったので、食べられるかどうか不明でした。
ネットで調べたらやっぱりキクラゲです。
しかし、食べてみなければ何とも言えないので、さっそく調理してもらいました。
幸いに、今晩の我が家の献立は皿うどんでした。
皿うどん (2)
コリコリして食感はキクラゲでした。
あとは、このあとの体調の変化がおこらなければOKですが・・・・・・・・。
今のところは、まだ変化はありません。
クリスマスが近づいてきているので覚醒したのか、ホワイトクリスマスが咲いていました。
ちょっとあわてんぼうのバラなのか、ホワイトにならずイエローのまま開いていました。
ホワイトクリスマス
こちらは、クリスマスが近づいているというのに、まだ色づかないクリスマスホーリーです。
少し急いでほしいんですが、・・・・・・・。
大量のカイガラムシの被害にあったのが原因かもしれません。
クリスマスホーリー
寒くなってきているので、バラたちも戸惑っているのでしょうか。
ピエールドゥロンサールが咲いてもこんな感じなんです。
ピエールドゥロンサール (3)
シャコックが開いたので紹介します。
こちらは、本来の色です。
シャコック(2)
そうそう、日本水仙第1号が咲きました。
やっぱり季節は冬なんだなあと思います。
スイセン(2)
今日は、写真をたくさん撮りましたので、明日以降紹介します。
最後に、今日のバラの庭の風景です。
手前の花は、マルゴスシスターです。
スモモ下から (2)
ご覧の通り、ぽつぽつと咲いている状態です。
こんな状態が、12月まで続くのかなあ・・・・・・・。
では、また明日お会いしましょう。







2016/11/27

バラの休眠について

バラや草花のために着々と冬支度をすすめられている皆さんのブログを読ませてもらい、ほんとうに頭がさがります。
草花にそそがれているみなさんの愛情の深さを感じます。
こちらも、まだ暖かいとはいえ着実に寒さに向かっているのですが、特に冬支度をすることは考えていません。
冬支度をするといえば、秋に植え付けたバラと寒さに弱いいくつかの草花に不織布をかけるくらいです。
それと、家の周りの鉢植えを家の中に入れることです。
ー こちらはすでに完了しています。ー
12月に葉を落としバラの休眠を誘うのが一般的だとは思うのですが、我が家では12月まで花を咲かせて、年末から1月中に寒肥を施しています。
実は、休眠期がバラにとってどのような意味があるのか、よくわかっていないのです。
人間みたいに、休眠することによって体調がリセットされるんでしょうかね?
となれば、我が家のバラたちは休眠不足なのかもしれません。
雨が降ったので、今日は2~3日前の写真になります。
プリンセスドゥモナコの蕾です。
プリンセスドゥモナコ
センチメンタルも咲き始めていました。
センチメンタル
マルゴスシスターも咲いていました。
マルゴスシスター
マダムフィガロです。
淡いピンクのカップ咲きが気に入っているんです。
マダムフィガロ
定番のエリナです。
いつも花を咲かせてくれてます。
どの季節でも花の大きさが変わりません。
エリナ
寒さに弱い低木のハナヤナギですが、初夏からず~と咲き続けています。
霜が降りると、あっという間に枯れてしまいます。
ハナヤナギ
明日は晴れそうです。
写真を撮ってから、花苗植付けの作業が待ってます。
また、お会いしましょう。


2016/11/26

レモングラス保存しました

先日収穫したレモングラスを小屋に置いたままにしていたので、このままではドライになってしまうと思い、保存作業をすることにしました。
毎日飲むハーブティには欠かせないものなのです。
寒くなると枯れてしまうので、来年6月まで収穫できません。
そこで、今回は約半年分のレモングラスを保存しなければならないのです。
ちょっと、気合入ります。
2株分のレモングラスの外葉を取り除いて、きれいな葉だけを選ると約半分量になります。
下が処理後の写真です。
きれいに洗って、水切りのため約半日、陰干ししておきます。
水が切れたら、ハサミで2~3cmにひたすら切り刻みます。
そのあとジプロックに入れて冷凍庫に保存し、少しずつ使います。
レモングラス (1)

全部刻み終わったところですが、刻み始めて約2時間が経過していました。
半分ぐらい刻み終わったころから、ハサミを持つ手がとても痛くなります。
早く終わりたいので、終わりのほうはだんだん切る幅が広くなります。
こんなところで、性格が現れるんですね。ハハハ・・・・・・。
努力の甲斐あって、ジップロック8袋分を保存することができました。
レモングラス (2)

シャコックの蕾が・・・。
久しぶりなのにタイミング悪いんですね。
こんな寒い日に・・・・・・。
来年はめぐりあわせの良い年になってほしいと願わずにはいられません。
シャーコック

マヌウメイアンもそうなんですよ。
明日から少し暖かくなるので、チャンスなんですが・・・・。
聞こえてるんですかね。
チャンスなんですが・・・・・。
マヌウメイアン

和音は、寒くなる前に開いたので、そのままの姿で固まっています。
しばらくじっとしていてほしい気持ちです。
和音

白のゼラニュームがきれいだったので紹介しました。
ピンクとペアで長年我が家の南側の軒下で暮らしています。
昨年、絶滅の危機に瀕したのですが、幸いにも一株だけ生き残っていました。
ゼラニューム白
こちらは、幸運のゼラニュームなんです。
では、また明日お会いしましょう。
明日も良い一日でありますように・・・・・・。
2016/11/25

プリスタイン、ブリリアントピンクアイスバーグ、ハーモニー他

今朝は、寒さを覚悟していましたが、比較的暖かかったので安心しました。
霜も全く心配なしでした。
昨晩、暗闇の中で慌ててレモングラスを収穫したのが、なんだったんだろうという感じです。
明日の気温もほぼ同じ感じなので、冬越し準備はもう少ししてからにしようかと思っています。
先日紹介したプリスタインが開き、こんな感じになりました。
本来の感じとは少し形が違いますが、よくがんばったと思います。
条件が良ければ、もっとエレガントに開くんですよ。
プリスタイン

ちょっと控えめで、和の感じがするブリリアントピンクアイスバーグです。
いつもより白っぽさが少し目立ちますが、細い枝にゆらゆらとして可愛いのです。
ブリリアントピンクアイスバーグ(1)

またハーモニーが咲いてくれました。
コーラル朱色と説明されていますが、朱のサンゴ色と解すればいいのでしょうか。
フルーティーな香りが素敵なんです。
ハーモニー

ディスタントドラムスも咲いてくれてました。
気づくのが遅れたので、ちょっとピークを過ぎてしまいました。
残念ながら、本来の杏色は薄くなってしまったようです。
ディスタントドラムス

大きな花のブルグンド'81も、蕾の時はこんな感じで、コンパクトにすっきりした感じです。
暑さ寒さに強い元気者です。
ブルグンド’81 (2)

最後は、セージを2種紹介します。
名前は忘れたままです。
結構長い間咲いています。
今回は少し近づいてみました。
セージ黄色

セージ水色

では、また明日お会いしましょう。
明日も良い一日でありますように・・・・・。
2016/11/24

綿の花見つけました

全国的に寒い一日でしたが、皆さんの地域はいかがでしたでしょうか。
こちらは、晴れ間が多くこんな感じでした。
しかし、風は冷たく最高12℃だったようです。
明日は、霜注意報がでて、最低5℃とか言ってましたのでかなり寒くなりそうです。
モミジも葉がだいぶ落ちて、こんな感じになってます。
モミジの下のほうに見えるのが、伸び放題の新雪です。
モミジ紅葉

綿を抜いて耕そうと思って作業をしていたら、一輪だけ綿の花が咲いていました。
綿の花

昨日撮ったクウィーンエリザベスです。
クウィーンエリザベス (2)

先日紹介したシーザーですが、今度は色がずいぶん違っているようです。
花の周りの白色が、中心のピンクに染まっていました。
シーザー2

ストロベリーアイスの蕾が開きかけていました。
今日明日の気温では、しばらく開きそうにありませんね。
ちょっとタイミングが悪かったかな?
しかし、蕾とはいえ、この色合いに惹かれるんですよね。
ファンが多いのがわかります。
ストロベリーアイス (3)

今回のレディオブメギンチは、やや小ぶりのようです。
それでも、イングリッシュローズの雰囲気はありますね。
レディオブメギンチ

花弁にしみがつきにくいといわれていますが、本当です。
いつ見てもヨハネパウロ2世は、純白です。
法王様の法衣みたいに見えてくるのが不思議ですよね。
しかも、香りも強いんです。
ヨハネパウロ2世

昨日のバラをさっそく玄関に飾りました。
ちょっと、ぐしゃぐしゃになってしまいましたが、玄関はバラの香りでいっぱいになりました。
アレンジ (2)

明日は寒くなりそうだから、早めに就寝したいと思っています。
では、また明日お会いしましょう。
明日も良い一日でありますように・・・・・・・・・。
2016/11/23

秋バラ再び咲き始めました

今日も最高気温16℃でしたが、比較的暖かく感じる一日でした。
明日の朝は、10℃を下回るとの予想です。
果樹園に行ってみると、温州ミカンが何者かに食べられていました。
皮をむいて食べているところから、たぶんサルくんかな??????
枝も折られており、もぎ取った後の皮があちこちの枝についていました。
おいしいミカンから食べたんでしょうね。よく知ってますからね。
もう少し熟してからと思っていましたが、十分食べられる状態にはなっているので、ちぎることにしました。
このところの暖かさもあって、つぼんでいた花も開き始めています。
今日はたくさん撮ったので、2~3日かけて紹介したいと思っています。
まずは、ストロベリーアイスです。
とても人気ある色合いです。
ストロベリーアイス

久々に咲きました。
ナエマです。
ナエマ

ブルグンド’81も高いところで咲いていたので、脚立を持ってきて撮影しました。
直径14㎝ほどあり、ひときわ目立つ存在です。
背景のモミジの落ち葉も今の季節限定です。
ブルグンド’81

パパメイアンも久しぶりの再会です。
黒い筋が目立ってしまいますが、見た目にはそれほどではないんです。
写真の撮り方が悪いのでしょうか。いつもこんな写り方になるんですね。
香りもよく、ダマスク香が素敵なんです。
パパメイアン (2)

新雪もずいぶん高いところに咲いていて、脚立を使ってもこのアングルです。
鈴木省三さんの傑作のひとつだと思っています。
まさに、新雪のイメージにぴったしの色合いですね。
香りもGoodなんです。
新雪

バラが続いたので、ウインターコスモスです。
アップで見たらとてもきれいだったので紹介します。
カメラ目線で見ると、いろいろ発見があります。
ウインターコスモス

調子に乗って、アンゲロニアもアップで撮ってみました。
小さな花ですが、きれいですね。
安物のデジカメなんですが、意外といろいろできるんだなあと感心しています。
アンゲロニア

では、また明日お会いしましょう。
明日も、良い一日でありますように・・・・・・。
2016/11/22

ミカンも色づき始めました。プリスタイン?、レッドレオナルドダビンチほか

今日もいい一日でした。
雲が多い時もありましたが、比較的暖かく20℃ぐらいあったようです。
また、名前がわからないバラが咲いてくれました。
我が家のバラの第1号で、30年ぐらいになります。
プリスタインではないかと思っているのですが、確信はありません。
当時は、名前なんか気にすることもなかったのです・・・・・・・。
樹高は1.6mぐらいあり、場所が悪いこともあり春と秋ぐらいしか咲きません。
それでも、我が家の最長老バラなんです。
不明 (5)

レッドレオナルドダビンチが咲いています。これが、今年最後かもしれません。
レッドレオナルドダビンチ

トロピカルシャーベットはもう少し咲きそうです。
ほんとによくがんばってくれます
トロピカルシャーベット (2)

果樹園の様子ですが、金柑が色づき始めました。
しめ縄の飾りに使うのではやく色づいてほしいんです。
キンカン

レモンも色づいてきました。
あとひと月内に収穫になりそうです。
レモン

はるみももうすぐ収穫です。
たぶん、ネーブルと温州ミカンの掛け合わせじゃなかったかなと思います。
果肉の感じは、ネーブルに似ていて、甘くて味が濃い品種です。
我が家の柑橘のなかでは一番人気なんです。
はるみ

ローズマリーの花が今日も咲いていました。
一年中花が咲いているような感じですね。
ローズマリー

最後は、大文字草です。
毎年枯れてしまうんです。
ひそかに、今年こそはと思っています。
大文字草 (2)

ではまた明日お会いしましょう。
明日は、祝日!良い一日でありますように・・・・・・。

2016/11/21

プリンセスドゥモナコ&ブルグンド’81、ブラスバンド他

気温は14~21℃と過ごしやすい気温でした。
しかし、一日中厚い雲に覆われ、時折小雨がふる一日だったので、今日も写真は撮っていません。
一昨日の写真の紹介です。
また、ブラスバンドが咲いていました。
オレンジ色の比較的大きな花です。
ブラスバンド

プリンセスドゥモナコが一輪だけ咲いていました。
切ごろだったので、さっそくチョキン・・・・・・。
プリンセスドゥモナコ

先に切っていたブルグンド’81と一緒にバケツの中に入れたときの様子です。
なかなかいい感じだったので、紹介します。
きっとお互いに知り合いだったのかもしれません。
仲良しに見えませんか。
ブルグンド’81&モナコ

フレグラントオールドパープルです。
今は赤色が強いのですが、だんだんに紫色が強くなってきます。
誰もがその時に、ああ~ なるほど パープルだと気がつきます。
フレグラントオールドパープル (5)

最後に、先日写した里山の棚田の風景です。
里山風景秋

いよいよ、あさってから寒くなりそうです。
風邪をひかないように、気を付けてくださいね。
生姜を食べて寝ようかと思っています。