2017/10/17

種まきのその後(アネモネ、アグロステンマ、ストック、オルレア、ローズゼラニューム)

雲画像を見ると、九州から北海道まで見事に雲がかかっています。
雨雲は前線の北側に発生するのですが、
こんなに一目瞭然な画像はあまり見たことがなかったような気がします。

北西の高気圧と南東の低気圧(台風)の配置は、
西高東低の配置の秋バージョンなのでしょうか。
しばらくは寒くぐずつく天気が続きそうな予感です。

台風21号の今後の進路も気になるところです。

10月7日に少し湿った土の中に入れていたアネモネが根を出し始め、
定植の時期になりました。

2個の球根が腐っていました。

乾燥した球根をそのまま土に植えていたら、
一気に水分を吸収しすぎて、
もっとたくさんの球根がだめになっていたと思われます。
10/12の成功なので、良しとしたいと思います。

アネモネ

9月25日に種まきをしたアグロステンマは、
本葉6枚の状態まで成長しています。
定植できる時期になりました。

アグロステンマ

同じ日に種まきしたストックは、
本葉4枚の状態です。

ストック

また、同じ日に種をまいたオルレアは、
本葉1~2枚の状態です。

オルレア

この差は、発芽までに要した日数の違いによると思います。

こちらは、冬越し用にと9月29日に挿し木していた
ローズゼラニュームです。
やっと根付いたようです。

ローズゼラニューム

ハーブ類や草花の中には、路地での冬越しが難しいものがあるので、
このように挿し木や株分けでコンパクトな状態にして
屋内で冬を越すようにしています。

明日は雨のやむ時間帯もありそうなので・・・・・・・。

ではまたお会いしましょう。
明日も皆様にとって良い1日でありますように・・・・・・・。


スポンサーサイト
2017/10/15

バーベナについて

空模様がすっきりしません。
時々小雨が降る1日でした。
気温は23℃と絶好なのですが・・・・・・・・。

先日撮っていたバーベナの紹介です。

バーベナにはいろいろな種類があるようですが、
我が家のは宿根草タイプばかりです。

何度植えても花が終わったら枯れてしまうものもあり、
育て方が悪いのかなと思っていたのですが、
1年草タイプのものだったようです。

そして、残ったのは宿根タイプだったようです。

バーベナは、花茎を伸ばしながら這いまわるので、
草取りの時に手間がかかるところが難点です。

どんなに注意して草を取っていても、
すぐ花茎を切ってしまいます。
切り取ってしまった花茎はその近くに埋め戻すようにしています。
すると、その中のいくつかは根をはって、
再び花を咲かせてくれます。

このピンクが一番古く、
あちこちで花を咲かせてくれています。

バーベナ

花の期間も長く、
真夏以外は花をつけてくれるのが利点です。

バーベナ

花壇の周りを芝生のように覆っている
ペニーロイヤルミントといつも勢力を競いながら、
共生しているようです。

バーベナ

少々日当たりが悪いところでも頑張ってくれるところが
ありがたいのです。

バーベナ

また、放っておいてもしっかりと花を咲かせてくれるところも
バーベナの長所です。

バーベナ

草抑えのグランドカバーにはなりにくいのですが、
暑さ寒さにも比較的強く、
花が少ない時期にも、バラの足元を飾ってくれます。

こんなわけで、庭のあちこちに・・・・・、
勢力分布を広げています。

今日は、バーベナの紹介でした。

ではまたお会いしましょう。
雨がしっかり降りそうですが、
明日も皆様にとって良い1日でありますように・・・・・・。
2017/10/13

庭に咲く花たち (クレオメ、ダリア、ニチニチソウ、ガウラ、パンダスミレ7、沈丁花)

雨の予報がでていたのですが、雨は降らず、
気温27℃と高く、やや蒸し暑い一日となりました。

庭には、クレオメの花が咲き始めました。
春のオルレアと秋のクレオメは必需品です。

クレオメ20171011

昨年までなかったダリアの花が咲いていました。
一重だったダリアが、八重に変わったものと思われます。

ダリア20171010

ニチニチソウは、夏以来ずっと咲き続けてくれています。
一日花なのですが、毎日毎日咲き続けるので、
この名前が付いたのでしょう。

ニチニチソウ20171010

ガウラがまた咲き始めています。
刈り込めば次々と花を咲かせる元気者です。
かなり強いので、無精者の私にはありがたい花の一つです。

ガウラ20171010

パンダすみれもいくつか咲いています。
これからまた咲きそうな気配です。

パンダスミレ20171011

なぜか咲いていた沈丁花です。
こちらは間違いなく、季節を間違ったものと思われます。

沈丁花20171011


ではまたお会いしましょう。
明日も皆様にとって良い1日でありますように・・・・・・・・・。
2017/10/07

アネモネの準備(ピンクローズ?)

雨の一日となりました。
双葉から本葉が出始めたので、
発芽した草花をポットに植え替える作業をすることにしました。
雨の日は、湿気が多いので根が乾燥しないので、
植え替えには最高の状態なのです。

今回は、ストック、キンギョソウ、ジキタリスの3種と、
アネモネの植え付け準備です。

先日草の中で芽を出しているアネモネを発見したので、
購入していた球根のことを思い出しました。
ご存知の通り、アネモネは発芽しないことがよくあります。
さかさまに植えてしまったために発芽しないケースとともに多いのが、
球根が腐ってしまったということだそうです。

実は、急激に水を吸わせて、水分過多の状態になると球根が腐ってしまうのです。
そこで、まず湿った土に突き刺して、ゆっくりと水分を吸わせてから土に植えるようにしています。

アネモネ

キンギョソウとギキタリスは種が小さいので、
苗も小さいため、先をとがらせた箸を使って植え替えます。

それぞれ20ポットもあれば十分なので、
今回は小さなプランターに植え、
もう少し大きくなってからポットに植え替えるようにしました。

キンギョソウ&ギキタリス

後は間引きをしてこれくらい残すことにしました。

キンギョソウ

着々と苗つくりの作業も進んできました。

花苗etc.

庭の植え場所の整備がまだまだ進んでいないので、
できたところから順次定植の予定です。

種まきで約30種、挿し木などで約15種の苗を作る予定です。
一度にはできないので、9月初めから順番に植木鉢に種を蒔いています。

こんな作業がしばらく続きそうです。
デルフィニュームはまだ温度が高すぎるのでしょう。
発芽しません。

最後に、

ナナヤマピンク

ではまたお会いしましょう。
明日も皆様にとって良い1日でありますように・・・・・・・・・。




2017/10/02

秋も中盤に (クジャクソウ、カーリメリス、コスモス、酔芙蓉、ブルースター、メキシカンセージ、金木犀、柿)

10月になりました。
今年度も後半に入ります。

明け方は14℃と一番涼しい朝となりました。
さすがにタオルケットだけではちょっと寒い感じです。

タオルケットが毛布にとって代わるころ、
秋も中盤にさしかかってきたなあと実感するのです。

まだまだ、ツクツクホウシも鳴いているのですが・・・・



やっとクジャクソウの花が咲き始めました。

クジャクソウ

カーリメリスは花盛りが続きます。
春の花は一重なのですが、秋には八重の花が咲きます。
草丈は40cmぐらいです。

カーリメリス

庭の片隅にコスモスの花も咲いていました。

コスモス

酔芙蓉は咲き始めの白花と終わりかけたピンクの花が混在して
庭に彩を与えてくれています。

スイフヨウ

春から繰り返しひっそりと咲き続けているブルースターです。

ブルースター

メキシカンセージも・・・・

メキシカンセージ

金木犀の花を摘んで、薫り高いハーブティーに・・・・

キンモクセイ

柿も初収穫です。
カラスが先に味見をしてくれているので、安全だと思います。

カキ

もちろん、栗も拾いましたが・・・・・

ではまたお会いしましょう。
明日も皆様にとって良い1日でありますように・・・・・・・。