2018/07/07

大根の採種

午後から小雨もぱらついてきたので、屋内でできる採種をすることにしました。
残った野菜をそのままにしていたら、それぞれに花が咲き実をつけていたので、
そのまま束ねて小屋に下げて乾燥させていたものです。

これまで収取の草花や野菜の種を採ったことはありましたが、
大根の種を採るのは初めてのことです。

今回は、青首大根の種を採って切ることにしました。
鞘を開いてみるときれいな種が一列に並んでいます。
一鞘ずつ開いて採種することにしました。

ダイコン青首20180706

これくらいあれば十分なので一応終了。

ダイコン青首20180706 (2)

一緒に下げていたルッコラも種を採ることにしました。
こちらは一般的なアブラナ科の種と同様に鞘ごと揉むとパラパラと鞘が割れ、
すぐに種を取りだすことができます。
後は、ふるいにかけると種だけが選別できるのでとても簡単。

ルッコラ20180706

続いて、スナップエンドウの鞘の中ものぞいてみました。
いい感じで種が乾燥しており、
植え付けるときに取り出せばいいので
鞘のまま保存することにしました。

スナップエンドウ20180706 (2)

同じ豆でもスイトピーの種はまん丸です。
これも植え付けるときに撮りだせばいいので
鞘のまま保存します。

スイトピー20180706

保存する種子は、常温保存すると虫が繁殖してダメになったりするため
冷蔵庫で保存した方がいいのですが、

種保存20180706

我が家では、袋に入れて引き出しに入れ、時々確認することにしています。

今回初めて採種した青首大根が、親株と同じ性質を示してくれるかどうかは不確実です。
どんな大根ができるか楽しみでもあります。

もちろん、失敗してもいいように市販の種子も蒔きたいと思っています。


ではまたお会いしましょう。
明日も皆様にとって良い1日でありますように・・・・・・・・・。

スポンサーサイト
2018/06/26

ゴボウの花

雨なのに暑い。
雨が上がっても蒸し暑い。
こんな日は、エアコンのきいた部屋でうとうとしながら過ごしました。

夕方畑にいったら、ゴボウの花が咲き始めていました。
堀残しのゴボウをそのままにしていたらずいぶん茂ってきたので、
どんな花が咲くのだろうと思い、楽しみにしていました。
初めて見るゴボウの花です。

アザミみたいな咲き方をするんですね。

ゴボウ20180626

アーティチョーク(チョウセンアザミ)によく似ています。
同じキク科だからなのでしょうか?

アーティチョーク20180616 (2)

天気がいい日は、ブットレアにもアゲハチョウがたくさん遊びに来ているようです。

ブットレア20180626

ではまたお会いしましょう。
明日も皆様にとって良い1日でありますように・・・・・・・・・。
2018/04/09

キュウリを植える

水仙が咲きました。
たぶんこれが最後の水仙だと思います。

スイセン20180409

近所に芝桜を大切に育てている方がおられます。
毎年この時期にきれいな花を見せてもらっています。

シバザクラ20180409

今年はあまり出来が良くないとのことでしたが、
私にはよくわかりません。
世話する人だけにわかることなのかもしれません。

シバザクラ20180409 (2)

先日買っていたキュウリの苗を植え付けました。
時期をずらしながら秋まで作りたいと思っています。

キュウリ20180409 (2)

畑に行く道端にヤマブキの花が咲いていました。

ヤマブキ20180409

明日も天気がよさそうなので、畑の草取りをしたいと思っています。

ではまたお会いしましょう。
明日も皆様にとって良い1日でありますように・・・・・・・・・
2018/03/12

菜の花いろいろ

不織布をはずすと中からは、花が咲き始めたブロッコリーが・・・・。
急いで収穫してサラダでいただました。

ブロッコリー20180311

畑に行ってみると、チンゲン菜も菜の花に・・・・・・・。

チンゲン菜20180311

コカブも・・・・・。

コカブ20180311

カブも・・・・・・・。
おやおやミツバチも活動を始めたようです。

カブ20180311

白菜も・・・・・・。
こちらにもミツバチが・・・・・。

ハクサイ20180311

一言で菜の花といっても一つ一つ少しずつ形も違っているようです。

まもなく菜の花畑になりそうです。


プランターで育てているサニーレタスは、葉をかいて時々サラダで・・・・・・。
食べごろになってきました。

レタス20180311

9月にプランターに蒔いた九条ネギもこのところの天気でぐっと伸びはじめています。
そろそろ畑に移してやりたいと思っています。

九条ネギ20180311

こちらはタマネギ、
葉タマネギとしていただいてもおいしいくらいまで大きくなってきました。

CIMG9542.jpg

寒さは和らぎましたが、花粉と黄砂とPM2.5がたくさんの人を苦しめているようです。
最近マスクをしている人が増えてきました。

ではまたお会いしましょう。
明日も皆様にとって良い1日でありますように・・・・・・・・・。
2018/03/09

手抜き栽培

一時期からするといくぶん安くなったとはいえ、
あいかわらず野菜の高値が続いています。

先日最後のキャベツを収穫したので畑には収穫できるキャベツがなくなりました。

白菜もそろそろ花が上がり始める時期なので、
収穫しなければなりません。

そこで、畑の様子を見に行くことに・・・・。

いやいや水色の絨毯が・・・・・・。
オオイヌノフグリが一面に咲いています。

CIMG9484.jpg

今年はヒヨドリに食べられることもなく、
ニンニクも順調に育っているようです。

CIMG9494.jpg

畑の草も取ればいいのでしょうが、
種を蒔くときと収穫するとき以外はあまり手をかけないので
ご覧の通り草だらけです。

9月にポットに種を蒔き
11月終わりごろに植え付け、不織布をかけていたキャベツです。

CIMG9492.jpg

前回来た時にはあまり変化がないように感じていたのですが、
少し大きくなっているようです。

不織布をめくって中を見てみると、
予想をはるかに超えて大きくなっています。

早いものはあとひと月もすれば収穫できそうな感じです。(^-^)/

CIMG9493.jpg

まったく消毒もしないので、春キャベツは少し多めに植えています。
半分以上虫に食べられても大丈夫なのですが、
不思議なことに、草に埋もれて育ったキャベツのほうが虫が付きにくいように感じるのです。
草に埋もれると虫も見つけにくいのかもしれませんね。

しかも草取りをして大切に育てたものよりも甘みが強く、おいしく感じるので、
あえて草はむしらないようにしています。

自分のなまけ性をいいことに、
手抜き栽培も植物にはあっているのかもしれないなあなどと思っています。(笑)

ではまたお会いしましょう。
明日も皆様にとって良い1日でありますように・・・・・・・・・。