2017/06/24

サ行から始まるバラ2(シャコック、ジャストジョーイ、ジャックカルチェ、シャンテロゼミサト、ジャンドルメソン)

今日は本格的な梅雨空です。
雨もしっかり降っています。
やや涼しいのが救いです。

さて、サ行から始まるバラの2回目。
はじめは、シャコックです。
1985年、メイアン作出で内側が黄色、外側が濃いオレンジ。
華やかな印象があるバラです。
シャコック

ジャストジョーイです。
枝が横に広がって、
花の重みでしなることもあります。
ジャストジョーイ

ジャックカルチェです。
ポートランド系のオールドローズです。
クォーターロゼットからロゼット咲きですが、
花形が乱れることもあります。
淡いピンクのいいバラです。
我が家ではあまり場所を取らないようにオベリスク仕立てにしています。
ジャックカルティエ

シャンテロゼミサトです。
ミルラの強い香りも特徴のひとつです。
シャンテロゼミサト

今日の最後は、ジャンドルメソンです。
作出者は違いますが、
ミサトと同じ2004年にフランスで作出されたバラだそうです。
ジャンドルメソン

今夜から明日にかけては、たくさん雨が降りそうな予報です。
ほどほどに降ってくれたらいいのですが、・・・・・。

ではまた明日お会いしましょう。
明日も皆様にとって良い一日でありますように・・・・・・・。
スポンサーサイト
2017/06/22

サ行から始まるバラ(サハラ’98、ザピルグリム、ジアレンウイックローズ、シーザー、しのぶれど)

今日も薄曇りの一日。
蒸し暑さはあるものの比較的過ごしやすい。
北国では、20℃以下のところもあり、
地域によりずいぶん気候の違いがあるものだなあとつくづく思います。

さて、今回からサ行から始まるバラになります。
スタートは、サハラ’98です。
黄色からだんだんオレンジ色に変わっていきます。
きっと、サハラ砂漠の灼熱の太陽もこんな感じで色が変化していくのだろうなあ
などと勝手にイメージを膨らませています。
サハラ98

つづいて、ザピルグリムです。
カタログ等では大輪となっていますが、そこまで大きな花ではありません。
樹高は3mぐらいとなっていますが、我が家ではそこまで伸びてはいません。
香り、色ともに素晴らしい
イングリッシュローズの銘花だと思います。
ザピルグリム

次もイングリッシュローズのジアレンウイックローズです。
ティーとダマスクの香りも魅力です。
こちらは、1m強ぐらいしか伸びません。
ジアレンウイックローズ

フランスメイアン社のツルバラでシーザーです。 
花の感じが独特で扱いやすい品種です。
シーザー

今日の最後は、京成バラ園芸の しのぶれど です。
シノブレド

「しのぶれど 色に出でにけり わが恋(こひ)は ものや思ふと 人の問ふまで」(平兼盛)
の和歌が浮かびそうですね。

ではまた明日お会いしましょう。
明日も皆様にとって良い一日でありますように・・・・・・・・。
2017/06/21

カ行から始まるバラ4(ケニーゲンベアトリクス、恋瀬、香貴、ゴールデンエンブレム、ゴールドバニー)

今日も薄曇りの一日で暑い一日でした。
夕方からは西風が吹き、涼しくなりました。
昨日の雨で土も一息ついたようですが、
日中はかなり乾燥気味でした。
もう少し雨が欲しいところです。

さて、今日はカ行で始まるバラの続きです。
今回でカ行は終わりになります。

はじめに、ケニーゲンベアトリクスです。
ベアトリクス女王にささげられたバラだそうです。
あまり出回っていないみたいで、
情報も少ないようです。
ピンクとクリーム色のまじりあった感じがいいのですが・・・・。
ケニーゲンベアトリクス

恋瀬です。
ミルキーホワイトで中心がピンクの感じの良いバラですが、
今年は、まだ本領を発揮できていません。
寺西菊雄氏作出の銘花です。
コイセ

香貴です。
名前に香がついているように、スパイシーないい香りがします。
花色もサーモンピンクですっきりしています。
京成バラ園芸作出です。
コウキ

ゴールデンエンブレムです。
我が家のはツルバラです。
枝が折れやすいので誘引するときに苦労しています。
ゴールデンエンブレム

ゴールドバニーです。
コンパクトにまとまった株にたくさんの黄色い花を咲かせてくれます。
この姿から金色のウザギといわれるようになったそうです。
ゴールドバニー

カ行の最後は、ゴールドメダルです。
金メダルといわれる所以はよくわかりませんが、
病気には比較的強いようです。
ゴールドメダル

梅雨本番と思いきやまだ雨が少ないようです。
しとしと降る雨がいいなと思うのは欲張りすぎなのでしょうか。

ではまた明日お会いしましょう。
明日も皆様にとって良い一日でありますように・・・・・・・。

2017/06/18

カ行から始まるバラ3(グラハムトーマス、クリーミーエデン、クリスチャンディオール、クリムソングローリー、黒真珠)

ほんとに暑い日が続いています。
今日は父の日。
我が家の夕食も手作りの海鮮寿司とお御馳走がいっぱい、
しかも、メロンのデザート付き、
お御馳走様でした。

さて、カ行から始まるバラの第3弾。
はじめに、グラハムトーマスです。
イングリッシュローズの代名詞的な存在だと思います。
黄色の色合いと甘い香りに魅力的です。
グラハムトーマス

クリスチャンディオールです。
さすがにファッションデザイナーの名前が付けられただけあって、
花のスタイルや容姿はすっきりまとまっています。
大輪赤バラの中でも屈指の花ではないかと思っています。
我が家では、間違えてツルの方を買っていたので、アーチに誘引しています。
枝が太くて誘引にはかなり苦戦しています。
昨年放置していたら、4~5mも伸びていました。
クリスチャンディオール

クリーミーエデンです。
半日陰で育てていますが、それなりに花をつけてくれます。
クリーミーエデン

こんなにたくさんのつぼみをつけてくれてます。
スプレー咲きなので、生け花にしても一枝で花盛りになります。
クリーミーエデン


クリムソングローリーです。
1935年、ドイツで作出されたバラだそうです。
時代背景は目に浮かぶようです。
クリムソングローリー

黒真珠です。
ご存知、鈴木省三さん作出の銘花です。
我が家のバラの庭には、新雪など鈴木さんのバラが数種あるようです。
クロシンジュ

今日は、大輪の赤バラが3種ありましたが、
写真ではなかなか花の色が撮れません。
カメラを使いこなせていないのが残念です。

明日は晴れ時々曇り、気温30℃予報です。
畑の草取りと施耕までできたらいいのですが・・・・・・・。
まあ、ぼちぼちとできるところまで・・・・・・。

ではまた明日お会いしましょう。
明日も皆様にとって良い一日でありますように・・・・・・・。
2017/06/17

カ行から始まるバラ(ギィドゥモーパッサン、キャラメルアンティーク、キューランブラー、クイーンエリザベス)

今日は32℃と暑い一日。
夏至まであと5日もあるのに・・・・たまりません。

さて、カ行で始まるバラ第2弾。
ギィドゥモーパッサンです。
「女の一生」などの作品で知られるフランスの作家の名前です。
香り、花もちはいいのですが、日陰にはちょっと弱いようです。
ギィドゥモーパッサン

キャラメルアンティークです。
直立性であまり場所を取りません。
現在1mぐらいですが、もう少し樹高が伸びるのではないかと思っています。
キャラメルアンティーク

キューランブラーです。
ランブラー系なので長いシュートがたくさん伸びます。
かなり広い場所が必要ですが、枝は扱いやすい方だと思います。
キューランブラー

こんなにかわいい花なのですが・・・・・。
一季咲きなのが残念です。
キューランブラー

クイーンエリザベスです。
色合い、姿、香りとも女王様の名前にふさわしいバラだと思います。
殿堂入りも納得です。
クイーンエリザベス

樹形も半直立性で、すっきりまとまりますし、
花の位置も150~160cmぐらいでいい感じです。
クイーンエリザベス

いよいよ30度を超えるのが日常になりつつあります。
熱中症に注意して、水分補給を心掛けたいと思います。

ではまた明日お会いしましょう。
明日も皆様にとって良い一日でありますように・・・・・・・・。