2017/06/26

梅雨に咲く花たち

梅雨空の毎日ですが、まだ雨は少ないようです。

アジサイが大きくなりすぎて、3m近くありそうです。
今年もたくさんの花を咲かせてくれました。
アジサイ20170625 (2)

庭のあちこちにユリが咲いています。
あまり場所を取らずに、
意外なところでパッと咲いてくれるのが気に入っています。
ユリ20170625

こんな色があったかな?
白に薄いピンクがかかっています。
ユリ20170619

ルドベキアとピンクのチドリソウです。
いよいよチドリソウも終わりになりそうです。
ルドベキア・チドリソウ20170619

リアトリスの花が咲いていました。
もう少し草丈が伸びてくれると活用法が広がりそうなのですが・・・・。
リアトリス20170625

数種のグラジオラスが庭の数か所で咲いています。
いつも雨に打たれて倒れてしまうのが残念です。
グラジオラス20170619

バラの2番花も咲き始めていますが、
カナブンをはじめ虫の被害もあり、
本来の姿で咲くバラは限られているようです。
できるだけ早めに切り取って、
夏を乗り切る力を蓄えさせてあげようと思ってます。

スポンサーサイト
2017/06/24

サ行から始まるバラ2(シャコック、ジャストジョーイ、ジャックカルチェ、シャンテロゼミサト、ジャンドルメソン)

今日は本格的な梅雨空です。
雨もしっかり降っています。
やや涼しいのが救いです。

さて、サ行から始まるバラの2回目。
はじめは、シャコックです。
1985年、メイアン作出で内側が黄色、外側が濃いオレンジ。
華やかな印象があるバラです。
シャコック

ジャストジョーイです。
枝が横に広がって、
花の重みでしなることもあります。
ジャストジョーイ

ジャックカルチェです。
ポートランド系のオールドローズです。
クォーターロゼットからロゼット咲きですが、
花形が乱れることもあります。
淡いピンクのいいバラです。
我が家ではあまり場所を取らないようにオベリスク仕立てにしています。
ジャックカルティエ

シャンテロゼミサトです。
ミルラの強い香りも特徴のひとつです。
シャンテロゼミサト

今日の最後は、ジャンドルメソンです。
作出者は違いますが、
ミサトと同じ2004年にフランスで作出されたバラだそうです。
ジャンドルメソン

今夜から明日にかけては、たくさん雨が降りそうな予報です。
ほどほどに降ってくれたらいいのですが、・・・・・。

ではまた明日お会いしましょう。
明日も皆様にとって良い一日でありますように・・・・・・・。
2017/06/22

サ行から始まるバラ(サハラ’98、ザピルグリム、ジアレンウイックローズ、シーザー、しのぶれど)

今日も薄曇りの一日。
蒸し暑さはあるものの比較的過ごしやすい。
北国では、20℃以下のところもあり、
地域によりずいぶん気候の違いがあるものだなあとつくづく思います。

さて、今回からサ行から始まるバラになります。
スタートは、サハラ’98です。
黄色からだんだんオレンジ色に変わっていきます。
きっと、サハラ砂漠の灼熱の太陽もこんな感じで色が変化していくのだろうなあ
などと勝手にイメージを膨らませています。
サハラ98

つづいて、ザピルグリムです。
カタログ等では大輪となっていますが、そこまで大きな花ではありません。
樹高は3mぐらいとなっていますが、我が家ではそこまで伸びてはいません。
香り、色ともに素晴らしい
イングリッシュローズの銘花だと思います。
ザピルグリム

次もイングリッシュローズのジアレンウイックローズです。
ティーとダマスクの香りも魅力です。
こちらは、1m強ぐらいしか伸びません。
ジアレンウイックローズ

フランスメイアン社のツルバラでシーザーです。 
花の感じが独特で扱いやすい品種です。
シーザー

今日の最後は、京成バラ園芸の しのぶれど です。
シノブレド

「しのぶれど 色に出でにけり わが恋(こひ)は ものや思ふと 人の問ふまで」(平兼盛)
の和歌が浮かびそうですね。

ではまた明日お会いしましょう。
明日も皆様にとって良い一日でありますように・・・・・・・・。
2017/06/21

カ行から始まるバラ4(ケニーゲンベアトリクス、恋瀬、香貴、ゴールデンエンブレム、ゴールドバニー)

今日も薄曇りの一日で暑い一日でした。
夕方からは西風が吹き、涼しくなりました。
昨日の雨で土も一息ついたようですが、
日中はかなり乾燥気味でした。
もう少し雨が欲しいところです。

さて、今日はカ行で始まるバラの続きです。
今回でカ行は終わりになります。

はじめに、ケニーゲンベアトリクスです。
ベアトリクス女王にささげられたバラだそうです。
あまり出回っていないみたいで、
情報も少ないようです。
ピンクとクリーム色のまじりあった感じがいいのですが・・・・。
ケニーゲンベアトリクス

恋瀬です。
ミルキーホワイトで中心がピンクの感じの良いバラですが、
今年は、まだ本領を発揮できていません。
寺西菊雄氏作出の銘花です。
コイセ

香貴です。
名前に香がついているように、スパイシーないい香りがします。
花色もサーモンピンクですっきりしています。
京成バラ園芸作出です。
コウキ

ゴールデンエンブレムです。
我が家のはツルバラです。
枝が折れやすいので誘引するときに苦労しています。
ゴールデンエンブレム

ゴールドバニーです。
コンパクトにまとまった株にたくさんの黄色い花を咲かせてくれます。
この姿から金色のウザギといわれるようになったそうです。
ゴールドバニー

カ行の最後は、ゴールドメダルです。
金メダルといわれる所以はよくわかりませんが、
病気には比較的強いようです。
ゴールドメダル

梅雨本番と思いきやまだ雨が少ないようです。
しとしと降る雨がいいなと思うのは欲張りすぎなのでしょうか。

ではまた明日お会いしましょう。
明日も皆様にとって良い一日でありますように・・・・・・・。

2017/06/20

スモモ収穫とハーブの庭の花たち

今日が午後から、待望の雨が降り出しました。
恵みの雨になってほしいものです。
雨が降る前にと、残っていたジャガイモを堀上げました。

スモモの収穫を収穫しました。
太い幹まで切っていたので、今年の収穫はあきらめていたのですが、
ほんの少しではありますがありがたいものです。
スモモ

昨日のハーブの庭の様子です。
クラリーセージです。
ずいぶん大株になってます。
クラリーセージ

クリーピングタイムです。
クリーピングタイム

コモンセージです。
コモンセージ


スイートマジョラムです。
花の形が変わっていて、
花盛りなのですが、あまり目立ちません。
スイートマジョラム

ヒソップです。
紫色のかわいい花をたくさんつけてくれます。
ヒソップ

コモンセージやヒソップは花壇にも利用できそうです。

フィーバユーです。
放っておくとこぼれ種で、あちこちから芽吹き、
ちょっと厄介なところがあります。
フィーバユー

ラベンダーも咲き始めています。
イングリッシュ系が好きなのですが、冬越しが難しいので、
デンタータ系とラバンディン系が中心です。
ラベンダー

待ち望んでいた雨が降り、一安心の1日でした。

ではまた明日お会いしましょう。
明日も皆様にとって良い一日でありますように・・・・・・・。