2018/02/22

誘引を終了する

曇り空で肌寒い1日でした。
庭の片隅に絶滅したと思っていたスノードロップを発見。
こんな見つけものをしたときは、とてもうれしい気持ちになります。

スノードロップ20180222

いよいよ最後の強敵、モンスター化したキューランブラーの誘因・剪定に挑みました。
枝は伸び放題で、4~5mになっています。
誘引している枝をすべて外し、支柱の取り換えからスタートです。

キューランブラー20180222 (3)

途中、蜘蛛の巣にかかった虫のように、
枝が体中に絡み身動きが取れなくなることもしばしば・・・・。
悪戦苦闘の末、暗くなる前に何とか作業を終えることができた安堵感と
数えきれないほどの傷あとが残りました。

キューランブラー20180222 (4)

しかし、これですべてのバラの誘因と剪定が終了です。
今年は寒さの影響もあり、1か月遅れとなりました。

先日の庭の様子です。
今年は試しに少し高い位置で剪定してみました。

西庭西20180220

ではまたお会いしましょう。
明日も皆様にとって良い1日でありますように・・・・・・・・・。

スポンサーサイト
2018/02/21

シイタケをおいしくいただくために

雲が多いながらも過ごしやすい1日でした。
先日いただいたシイタケを天日干し・・・。
ついでに白菜も干しました。
白菜は2~3日干してからの方が水分が抜けて旨味が増します。

シイタケの意外と知られていないこと?
① 天日で干したらビタミンDが増す。
② 増加したビタミンDも1か月すれば半減するので、食べる前に再度天日干しすればまたビタミンD2が生成される。
③ 乾し椎茸を戻す方法で一番おいしのは、冷蔵庫(5℃の水)で一晩(8時間以上)かけてゆっくり戻すことです。
   (旨味成分は高温戻しが100g中0.5mg/、常温戻しが20mg、低温戻しが160mgという実験結果もあるらしい。)
④ 急ぐときはシイタケを1時間水に浸けておき、ある程度柔らかくなったら包丁で適当な大きさに切るか切れ込みを入れ、
   また水に戻して30分くらいおくと、約1時間半で戻すことが出来る。
⑤ 外国産は促成栽培で作られたものが多いので、原木栽培の国産がお薦めです。

シイタケに秘められた力を最大限に引き出していただきたいものですね。

シイタケ・ハクサイ20180221

シンビの花が開きました。
一か月ほど楽しめそうです。

シンビジューム20180220

昨日の庭の様子です。

スモモ北20180220

ではまたお会いしましょう。
明日も皆様にとって良い1日でありますように・・・・・・・・・。
2018/02/20

庭の様子

春日和のような暖かく穏やかな天気でした。
庭のあちこちに草花の芽が出始めています。

ギガンチュームの芽もこんなに大きくなってきました。

ギガンチューム「20180220

春になるとこんな感じに咲いてくれるかな~。
毎年球根を掘りそこなってだめにしているので、
今年は忘れずに球根を掘り上げたいと思っています。

20170518北庭・ギンガム (2)

あまり天気が良かったので、
今日の庭の様子を1枚。

サハラアーチ20180220

まだまだ油断はできないので、
コルジリネの不織布は3月までそのままにしておきます。

ではまたお会いしましょう。
明日も皆様にとって良い1日でありますように・・・・・・・・・。
2018/02/19

名前札

名前札の話をしようと思います。
バラを植えて園芸用のプラスチックラベルに名前だけを書いて根元に挿していました。

1年もたてば名前は消えて何が何だか分からなくなって困っていました。

いろいろ試しているうちに、今はこのスタイルで落ち着いています。

名前、写真、系統、作出年、作出国、作出者、花色、花径、花形、咲き方、樹高、樹勢、香りを
一枚のカードに書き込み、後は名刺サイズのラミネートでカバーします。

CIMG9338.jpg

百均で入手した写真のような園芸用のラベルに接着剤でくっつけると出来上がりです。

CIMG9339.jpg

庭を訪れた人からはとても好評で、花がない時でも花が咲いたときの様子を想像していただけます。
また、このカードをもとに話が弾むこともあります。

ひとまずこれだけの情報があれば、忘れっぽい私にとっても現場で確認できるので助かっています。
このやり方で1年経ちましたが、ほとんど劣化もなく、今年は取り換えなくて済みそうです。

5月の庭の様子です。

北庭西・スモモ北20170521

ではまたお会いしましょう。
明日も皆様にとって良い1日でありますように・・・・・・・・・。
2018/02/18

満開の紅梅

小平選手の金メダル、おめでとうございます。
何度録画を見直しても感動の滑りですね。

ご近所の紅梅が満開を迎えています。

CIMG9334.jpg

ハーブの庭の寒がり屋さんレモングラスです。
笠をかぶったようにしっかりと根元を守りまだまだ深い冬眠中のようです。

レモングラス20180216

明日は雨水です。
「空から降るものが雪から雨に替わる頃、深く積もった雪も融け始める。春一番が吹き、九州南部ではうぐいすの鳴き声が聞こえ始める。」とのことです。
いよいよ春が近づいてきました。

5月の庭です。

モミジ下・中アーチ 20170520(ワイド)

ではまたお会いしましょう。
明日も皆様にとって良い1日でありますように・・・・・・・・・。